水木しげる生誕100周年記念「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展」2022年7月8日㈮~9月4日㈰まで開催!展覧会キービジュアル解禁&一般・割引チケット販売開始! – 展示内容から水木しげる“妖怪画”の原画を一部公開!

六本木ヒルズ森タワー52階・東京シティビューでは、2022年7月8日(金)~9月4日(日)の期間にて、水木プロダクション協力のもと、漫画家・水木しげるの生誕100周年を記念した初の大型展覧会『水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~』を開催いたします。

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 キービジュアル

本展は水木しげる生誕100周年を記念して、東京シティビューを舞台に水木しげるの妖怪世界を壮大な景色とともに存分にお楽しみ頂ける展覧会です。
本展では、水木しげるの描いた日本の妖怪たちがどのように生まれてきたかを紐解きます。江戸時代の絵師・鳥山石燕の「画図百鬼夜行」、昭和初期の民俗学者・柳田國男の「妖怪談義」など、水木自身が所蔵する妖怪関係資料を初公開。そして百鬼夜行の名にふさわしく、水木しげるの妖怪画を100点以上に渡って一挙公開します。
妖怪研究に没頭し、現代の日本人に「妖怪」という文化を根付かせた水木しげるはどのように妖怪と向き合い、描いてきたのか。本展を通して妖怪を身近に感じて下さい。

  • 本展のキービジュアルを解禁!

キービジュアルは、アーティスト/アニメーション作家のたかくらかずき氏によって手掛けられたもの。百鬼夜行展の名前にふさわしく、かつて鳥山石燕らが描いた著名な妖怪画と水木しげるの妖怪画が共演し、現代の都市を闊歩しています。人々は自身の創造性の豊かさを元に、生活の中で体験する暗闇への恐怖やまだ知らないものへの畏怖を妖怪という形で解釈してきたとされます。では、暗闇が少なくなった現代にも妖怪はいるのでしょうか?
人間がいつまでも持ち続ける、遊び心あふれる創造力をこのキービジュアルにも表現しました。

【たかくらかずき氏コメント】
子供の頃、水木先生の『のんのんばあとオレ』という作品を通して妖怪の存在を知り、 家の隅っこや下校中の夕闇の中に潜む未知の世界の住人について想像を巡らせました。とても怖かった。でも大人になった今、怖いと美しいは同じことだと心底思うのです。 いつまでも先生の描く妖怪が大好きです。

☆たかくらかずき氏プロフィール
アーティスト。1987年生まれ。
3DCGやピクセルアニメーション、3Dプリント、VR、NFTなどのテクノロジーを使用し、東洋思想による現代美術のルール書き換えとデジタルデータの新たな価値追求をテーマに作品を制作している。
現在はおもに日本仏教をコンセプトに作品制作を行う。
openseaで仏像NFTシリーズ 「NFT BUDDHA」を展開中。
たかくらかずき 公式HP https://takakurakazuki.com/

  • 一般チケット販売開始!子どもから大人まで楽しめる特典付きチケットも販売予定!

2022年4月27日より、一般チケットと、ご友人やご家族と一緒にお得に楽しめる【ペア割】チケットを販売開始いたします。また、夏休みにぴったり!あなただけのオリジナル“妖怪図鑑”が作れる<親子キッズワークショップ>や、妖怪に出会いやすいといわれる「逢魔が時」に開催する、ガイド付で展覧会を楽しめる大人向けの<ナイトツアー>など、魅力的な体験イベントが詰まった特典付きチケットを企画中です。
詳細については後日お知らせいたしますのでお楽しみに…!ぜひお好きなチケットでお越しください。

  • 展示内容を一部公開!<塗壁><化け草履>ほか・・・妖怪の貴重な原画が多数!

「ゲゲゲの鬼太郎」にもメインキャラクターとして登場したおなじみの妖怪「塗壁(ぬりかべ)」や、古くなって粗末に扱われた草履が化けた「化け草履」、狸が化けて人を驚かすという「大かむろ」など、展示予定の9点を公開!妖怪研究家でもある水木しげるが描いたこれらの妖怪画は、奇妙でおかしく、ときに怖く、愛くるしく描かれ、多くの人に愛されてきました。本展覧会では水木しげるが描いた数々の妖怪画のほか、水木自身が所有していた妖怪に関する貴重な文献を初公開。また空間ごと楽しめる体感型の展示など、ここでしか見られない展示を多数予定しています。

☆水木しげる プロフィール
1922年3月8日生まれ。鳥取県境港市で育つ。
太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征、爆撃を受け左腕を失う。
代表作「ゲゲゲの鬼太郎」「日本妖怪大全」「河童の三平」「悪魔くん」など。
2015年11月30日 没。

  • 開催概要

【展覧会名】水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~
【会期】2022年7月8日(金)~9月4日(日)※会期中無休
【会場】東京シティビュー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
【開館時間】10:00~22:00(最終入館 21:00)
  ※情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や休業となる可能性もございます。
【主催】東京シティビュー、NHK、NHKプロモーション
【企画協力】水木プロダクション
【協賛】凸版印刷、ハウス食品グループ
【協力】鳥取県、調布市、調布市観光協会
【後援】J-WAVE、六本木商店街振興組合、麻布十番商店街振興組合
【お問い合わせ】03-6406-6652(東京シティビュー)

【チケット情報】
東京シティビュー専用オンラインサイト、プレイガイド(ローソンチケット)にて販売
*通常チケット料金
◆一般 2,200円 
◆シニア(65歳以上) 1,900円 
◆高校・大学生 1,600円 
◆4歳~中学生 1,000円
(※前売券は当日券より300円OFF)
*特別割引チケット ・・・ 販売期間:4/27(水)12:00~7/7(木)23:59
◆お得なペア割 3,600円
*特典付きチケット(後日販売予定) ・・・ 情報は追ってお知らせいたします。
◆親子キッズワークショップ+展覧会チケット◆ナイトツアー付き展覧会チケット ほか

東京会場特設サイト: https://mizuki-yokai-ex.roppongihills.com/
公式Twitter: @mizuki_yokai_ex (https://twitter.com/mizuki_yokai_ex
​©水木プロダクション

ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。