鳥取県智頭町 コネクテッドカーで高齢者のフレイル度チェック〜移動役場「コネクテッドカー」と介護予防の連携スタート 〜

株式会社コロンブス(本社:鳥取県米子市、代表取締役社長:増田 紳哉)が提供する フレイル評価システム「ASTERⅡ」と、オーダーメイド運動処方プログラム「ロコタス®」が、同県智頭町が導入したコネクテッドカーのコンテンツとして採用されました。
【URL】https://columbusegg.co.jp/aster2

【概要】
 鳥取県智頭町は、令和3年度鳥取県補助金で「智頭Miraizeプロジェクト」を立ち上げ、通信環境を備えたコネクテッドカーを活用した出張型の行政サービスを開始。フレイル評価システム「ATERⅡ(アスターツー)」と、オーダーメイド運動処方プログラム「ロコタス®」が、コネクテッドカーで提供する高齢者の介護予防事業コンテンツとして採用されました。

 2022年4月11日(月)には、住民主体で開催する介護予防の取組「森のミニデイ(芦津地域)」にて、平井鳥取県知事、金兒智頭町長、地域住民らを迎え智頭町主催のお披露目会が開催され、コネクテッドカーと保健師が出向き、フレイル度のチェック等が実施されました。

お披露目会 テープカット

【コンテンツの概要】
 高齢者の介護予防のための健康状態チェックや、運動メニューを提供するコンテンツです。

○フレイル評価システム「ASTERⅡ」(アスターツー)
 25問(厚生労働省作成)の質問に回答するだけで、即時にフレイル度(高齢者の心身の衰え度)を判定できるシステム。

○オーダーメイド運動処方プログラム「ロコタス®」
 体力測定の結果を入力するだけで、個人個人に合わせた運動メニューを生成するシステム。

 鳥取県智頭町は同県東南部の山間部に位置し、人口6,482人、高齢化率44.06%(智頭町HP/令和4年4月1日時点)。「森のミニデイ」は、智頭町住民が主体で取り組む介護予防事業の一つで、平成24年から取組がはじまり、10年続く活動です。コネクテッドカーの活用により、クラウド型サービスの提供が可能となりました。
 豊かな山林に囲まれ点在する集落と、役場や病院のサービスがより身近なものになることを、コロンブスはサポートしたいと考えています。

【自治体様限定】・無料・オンラインセミナー開催予定
「これからの介護予防事業はICTでフレイル対策」
●開催日/2022年6月15日(水)スタート  隔水曜日15:00~16:30
●会 場/Zoomによるオンラインセミナー
●申 込/株式会社コロンブスHP、メール、FAXでお申し込み可
▼詳しくはコロンブスサイトに掲載する予定です。お気軽にお問合せください。
https://columbusegg.co.jp/

●コロンブスについて
会社名:株式会社コロンブス
所在地:鳥取県米子市西福原4丁目11-31
代表者:増田紳哉
設立:2019年9月21日
URL:https://columbusegg.co.jp

【事業内容】
1、ICT、IoT等を活用し、以下の製品の開発・販売、企画・立案・提案・ソフトウェア開発。
① 医療、介護・福祉に係るもの
② 健康寿命延伸に係るもの
③ 医療・介護費の削減に係るもの
2、フレイル・サルコペニア予防に係る事業並びにコンサルタント

ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。